葬儀のマナーを知らないと常識外れ!確認しておこう①

もしもの時に困らないために。千葉の葬儀の豆知識ピックアップ。

千葉に限らず、葬儀は厳かな儀式であることに変わりはありません。非常識な人と思われないよう、葬儀のマナーは参列前に確認しましょう。

[+IMAGEALT+]

葬儀のマナーを知らないと常識外れ!確認しておこう①

千葉に限らず、葬儀は厳かな儀式であることに変わりはありません。

結婚式同様、厳しいマナーが問われると言っても過言ではありません。

非常識な人と思われないよう、葬儀のマナーは参列前に予備知識としてしっかり持っておきましょう。

【葬儀の服装のマナー】

男性は、黒のフォーマルスーツが鉄則です。

ワイシャツは白、靴・靴下は黒が基本です。

ネクタイも黒ですが、ネクタイピンは付けないようにしましょう。

子供は喪服がありませんので、学生であるうちは学校の制服がフォーマルになります。

制服がない場合は、黒・グレーを基調とした服装で統一しましょう。

【女性は特に気をつけたい服装】

女性は服装のバリエーションも多いため、特にマナーには慎重になりましょう。

本来は喪服は和装であることがマナーですが、最近はブラックフォーマルのスーツが主流です。

中はワンピースでも構いませんが、スカート丈はひざ下からくるぶしの間になるようにします。

アクセサリーはパール程度に留め、結婚指輪以外は身につけないようにしましょう。

靴は黒の低ヒールのパンプスを履きます。

また、バッグや上着などは「殺生」を意味する動物の皮を使ったものはNGです。

足元は真夏でも黒のストッキングが必須であり、真冬であってもタイツの着用はマナー違反とされています。

マナー講師によっては30デニール以下との厳しい指定があるようですが、冷たいお寺での葬儀や法事はつらいもの。

体調などを考慮した服装もマナーのうちという考えもあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright もしもの時に困らないために。千葉の葬儀の豆知識ピックアップ。www.sonbisey.com.